• 現場視察・研修会が平成24年1月23日に豊橋市内にて開催されました。この現場はΦ800mmΦ1350mmΦ1650mmアパッチ工法タイプⅡ(分割回収型)を御採用、使用して頂いてます。豊橋市上下水道局様が参加され、株式会社竹中土木名古屋支店様による現場工事概要の説明、泥濃式推進工法についてアパッチ工法協会事務局が説明のお手伝いを致しました。泥濃式推進工法の特徴、泥濃式掘進機の構造についてご説明いたしました。アパッ... 続きを読む

アパッチ工法協会

本工法の特徴は、泥濃式推進工法特有である長距離推進、曲線推進に加え、小立坑での発進・到達及び既設人孔からの掘進機回収が可能となりました。
既設人孔からの回収の際、上部マンホール蓋あるいは斜壁等を取り壊す事なくФ600mmの開口部より掘進機を撤去する事が出来ます。これは掘進機本体及び各機構が一部を除き全て機内から解体出来る構造となった為です。