第22回非開削技術研究発表会にてPR

 11月29日(火曜日)に日本非開削技術協会主催による第22回非開削技術研究発表会が

発明会館(東京・虎ノ門)で行われました。

 受付の隣にてヤスダエンジニアリング株式会社、出展小間にてアパッチ工法及びGPS電磁波誘導装置について

PRをさせて頂きました。

 日本非開削技術協会様には工法PRの場を設けて頂き、多くの方にPRする事が出来ました。

 また参加者の方々には足を止めて工法説明、パンフレット等をお持ち帰り頂き有難うございました。

日本非開削技術協会様、参加者様、誠にありがとうございました。厚く御礼申し上げます。

1322524756028.jpg
イセキ開発工機さんと並んで出展
1322524770321.jpg
発表会場の様子、大勢の方が参加されてました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

アパッチ工法協会

本工法の特徴は、泥濃式推進工法特有である長距離推進、曲線推進に加え、小立坑での発進・到達及び既設人孔からの掘進機回収が可能となりました。
既設人孔からの回収の際、上部マンホール蓋あるいは斜壁等を取り壊す事なくФ600mmの開口部より掘進機を撤去する事が出来ます。これは掘進機本体及び各機構が一部を除き全て機内から解体出来る構造となった為です。